福祉をかえる「アート化」セミナーin鳥取2018を開催しました

福祉をかえる「アート化」セミナーin鳥取2018を3月10日、11日にとりぎん文化会館にて開催しました。

アートで生きるを考える

2日間でたくさんの方に参加をしていただきました。講義終了後は、みなさん講師の方に個別にお話を伺ったりと熱心な様子でした。

今回のセミナーはたんぽぽの家の山野将志さんの個展会場でのセミナーでした。

山野さんの作品に囲まれてのセミナーはとても新鮮で和むとの声も多くありました。

また、別会場では「モノが物語る意匠の文化史」を開催。以前奈良県で開催された展覧会の一部の作品が鳥取市の「ギャラリー鳥たちのいえ」に巡回しました。

 

そして、たんぽぽの家の岡部さんに作品解説をしていただきました。


登壇者 

 

播磨 靖夫  一般財団法人たんぽぽの家理事長 / 奈良県 
原田 啓之  医療法人清明会障害福祉サービス事業所PICFA施設長 / 佐賀県 
岡部 太郎  一般財団法人たんぽぽの家 / 奈良県 
中島 香織  一般財団法人たんぽぽの家 / 奈良県 
山根 大樹  NPO法人おりもんやスタッフ / 鳥取県 
水野 浩世  株式会社YELLOW / 大阪府 
鯵坂 兼光  有限会社スカイ/ギャラリーitohen代表 / 大阪府  
中島 諒人  演出家、鳥の劇場芸術監督 / 鳥取県 
大井 卓也  一般財団法人たんぽぽの家 / 奈良県 

主催

 

主催:あいサポート・アートインフォメーションセンター

企画協力:一般財団法人たんぽぽの家