ワークショップ「世界の打楽器で演奏しよう♪」を開催します

11/19に米子市文化ホールで「世界の打楽器で演奏しよう♪」を開催します。

 

 1.きいてみよう  岩本 象一 × ほのぼのワークハウス
ライブゲストとして、香川県高松市から障がい福祉サービス事業所ほのぼのワークハウスのメンバーがやってきます。メンバーが講師の岩本さんとワークショップをかさねて完成させたオリジナル曲の演奏を聴きましょう。

 2.つくってみよう  みんなでオリジナル曲をつくろう!
ライブの後は楽器を演奏してみましょう。ぺルーのカホンやインドネシアのガムランなど、世界の打楽器をつかいみんなでオリジナルの曲をつくります。

日にち 2017年9月9日(土)

会 場 米子市文化ホール

時 間 13:30~15:30( 受付13:0 0~ )

定 員 30名程度

 

参加費 【一般】500円 (参加費は当日受付にてお支払いください)

【次の方は無料】大学生以下・7 0 歳以上の方/ 学校教育活動での引率者/障がいのある方・要介護者及びその介護者

 

主 催 あいサポート・アートインフォメーションセンター

講師 岩本 象一 

1981年生まれ 神戸出身 打楽器奏者 主に叩いて演奏できるモノを奏する人。音で情景を描く音の詩人でありたいと思っている。インドネシア留学を経て2010年より岡山在住。 ジャワガムラン教室を開催し各地でワークショップを行う一方、様々なグループに参加し演奏活動をしている。 音を媒体として人と場を繋ぐことを目指している。


追記:11/19にワークショップは終了しました。

レポートはこちらから≫