【掲載のお知らせ】 企画展「東部作家三人展-巴-ともえ」の取材記事を12日(土)付けの日本海新聞にて掲載して頂きました!

鳥取県東部で創作活動を行う作家を紹介する展覧会として「東部作家三人展 巴 -ともえ- 」を開催いたします。画材も作風も全く違う3人の個性が詰まった展覧会になっています。デジタルイラストや平面絵画、セロハンテープの立体作品など、多彩な作品が無心に集結。様々な表現をお楽しみください。

好きで続けていたことが作品とよばれたり、 線を重ねた色彩が絵画として見られたり、 自身の想いを綴ったものが別の誰かの心に響いたり...。 福祉の現場の中では、個人の習慣を超えた豊かな営みが日々生まれ続けています。 そんな毎日の出来事を“展覧会”という場所で見せるということは、 どういう意味をもつのでしょうか。...

福祉をかえる「アート化」セミナーin鳥取2018を開催します。

鳥取県立福祉人材研修センターで、障がいのある人もない人も楽しめるワークショップを開催しました。

アート活動支援補助金を活用しているやらいやが「中秋の名月を楽しむ町8」を開催。

2019/10/09
アトリエKūが「ソウゾウのちから展」を開催。 >詳しくはこちら

県外のイベント · 2019/10/09
>詳細はこちら 鳥取県でのPICFA展が大盛況だったこともあり、 この度、鳥取県の展覧会を再現します。 折角の地元開催なので地元の方といろんなイベントを期間中に行います。

アート活動支援補助金を活用している障害者福祉センター厚和寮が「アートクラブ青い鳥 作品展」を開催。

アート活動支援補助金を活用しているヴェルヴェチアが「第7回緑友祭 障がい者アート展2019」及び「楽筆展」を まちかどステーション にて同時開催。 >詳しくはこちら

さらに表示する