平成29年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の募集


内閣府 平成29年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の募集

 

 障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加することを促進するため、我が国では、障害者基本法に基づき、毎年12月3日から12月9日までの一週間を「障害者週間」としています。

 障害の有無にかかわらず、誰もが地域や職場、学校などで人格と個性を尊重し合い、支え合う「共生社会」の実現を目指し、本年度の「障害者週間」に向けた「心の輪を広げる体験作文」と、「障害者週間のポスター」を、7月3日(月)から下記のとおり募集します。

 

 

募集期間:平成29年7月3日(月)から9月1日(金)まで(鳥取県の場合)

 

 

1.心の輪を広げる体験作文

[募集テーマ]

出会い、ふれあい、心の輪  ~障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう~ (題名は自由)

 

2.障害者週間のポスター

[募集テーマ]」障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現

 

 

主催:内閣府並びに都道府県及び指定都市

 

 

応募に関する問い合わせ先

・各都道府県・指定都市の担当課鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課:0857-26-7679)

・平成29年度「心の輪を広げる障害者理解促進事業」事務局

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28-8 ニュー千駄ヶ谷502

電話番号:03-6804-1346 FAX:03-6804-1348 E-mail: cocoro2017@astem-co.co.jp

 

 

詳しくはこちら>>



第4回 夏のかがやき展


第4回 夏のかがやき展

 

日付 2017.8/2(水)~31(木)

 

時間 10:00~15:00 (土日祝は17:00まで)

 

場所 渡辺美術館 県民芸術広場

 

料金 大人900円 大高生500円 小中生300円 高齢者800円(その他割引あり)

 

 

お問い合わせ先 公益財団法人 渡辺美術館

 

詳しくはこちら≫

 



浪花道彦展


浪花道彦展@あかり広場エキシビション

 

NPO 法人あかり広場では、2016 年の6 月より利用者による自由な創作の時間をひらいています。出来る限り利用者自身がやってみたいこと、好きなことを追求できる時間になるようにと心がけています。
本展は、その活動に参加するひとり、浪花道彦による作品展です。「ウルトラマン」「仮面ライダー」「ブルース・リー」など、自身が好きなキャラクターを描き続けています。輪郭からではなく、目に留まった場所から線を重ね、面を広げていく描き方が特徴的です。ぜひご高覧ください。

 

日付 2017.7/4(火)~9/9(土)

 

時間 8:30~15:00

 

定休日  日曜・月曜

 

場所 oʼ tyano -オッティアーノ-( 鳥取県米子市皆生温泉2-2-8 あかり広場内 1号店)

 

駐車場  有(あかり広場駐車場)

※DMハガキご持参のうえ飲食ご利用の方には、クッキーをサービス致します。

 

 

お問い合わせ先 あかり広場 (TEL:0859-21-0655)

 



ほぼイチTシャツ原画展


ほぼイチTシャツ原画展

 

日付 2017.7/5(水)~9/30(土)

 

時間 10:00~17:00

 

場所 パンカフェののな(鳥取市薬師町46-3 マルイ薬師町店駐車場内)



お問い合わせ先 アートスペースからふる

 

詳しくはこちら≫

 



じゆう劇場の瞬き 上映会


じゆう劇場の瞬き 上映会

 

 

2017.7/17(月・祝)14:00~15:30

会場:米子コンベンションセンター 第2会議室(鳥取県米子市末広町294)

主催:NPO法人ひまわり倶楽部 TEL/FAX:0859-35-5080

 

 

2017.7/19(水)14:00~15:30

会場:くらよしアートミュージアム無心(鳥取県倉吉市魚町2540-2)

 


2017.7/23(日)9:00~10:30

会場:鹿野地区公民館トレーニングセンター(鳥取県鳥取市鹿野町鹿野342)

共催:鹿野地区公民館、勝谷地区公民館、小鷲河竹公民館

 

 

2017.11/18(土)・19(日)上映予定

会場:倉吉未来中心(鳥取県倉吉市駄経寺212-5)

 


お問い合わせ:特定非営利活動法人 鳥の劇場


詳しくはこちら≫

 



第4回全国高校生 手話パフォーマンス甲子園 開催!


第4回全国高校生 手話パフォーマンス甲子園 開催!

 

鳥取県は、ろう者と聞こえる人がお互いを理解し共生する社会を築くため、平成25年10月に全国初の「手話言語条例」を制定しました。

この条例の理念に基づき、手話の普及や手話を通じた交流の推進、地域の活性化を図ることを目的として、全国の高校生が手話を使って様々なパフォーマンスを繰り広げ、その表現力を競う「手話パフォーマンス甲子園」を開催します。

 

日付:平成29年10月1日(日)

 

主催:手話パフォーマンス甲子園実行委員会

 

詳しくはこちら>>