〇事業目的

平成26年度に開催した「第14回全国障がい者芸術・文化祭」の成果を未来に引き継ぎ、鳥取県の障がい者の芸術・文化活動をより一層推進していくことを目的として設置されました。

 

「あいサポート・アートインフォメーションセンター」では障がいのある人たちの創作活動を支援します。ワークショップや研修会を開催するほか、鳥取県内外の障がいのある人の優れた作品を中心に展示する「くらよしアートミュージアム無心」を運営しています。

障がいのある人やその家族、福祉施設などの支援者に対しての相談も受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

〇事業内容

障がいのある人のすぐれた芸術・文化作品を常設展示する「くらよしアートミュージアム無心」を運営するとともに、定期的に県内東西巡回展などを行い、障がいのある人の優れた芸術性に触れる機会を継続的に提供します。


アールブリュット作家や障がいのある人の芸術・文化活動に関する必要な情報を収集しインターネットなどを活用して、広く発信します。


障がいのある人やその家族、障がいのある人の芸術・文化を支援する福祉サービス事業者などからの相談を受け付け、創作活動や著作権保護などに関するアドバイスを行うとともに、必要に応じて専門家や関係機関などの紹介を行います。


障がい福祉サービス事業所の職員や文化芸術関係者、教育関係者などに対して、障がいのある人の創作活動の支援方法や著作権などの保護に関する研修会を行います。

※年間2回程度開催


障がいのある本人やその支援者に対して、新たな芸術・文化活動との出会いの場を提供するため、美術や音楽などの創作活動を気軽に体験できるワークショップを開催します。

※年間3回程度開催